所得税

忘年会シーズンになると、景気のよい会社では景品として豪華な賞品があたる余興などが行われる場合があります。

しかしここで注意したいのが、たとえ忘年会の景品であっても、いきすぎたものは所得税の課税対象になってしまうということです。
たとえば1つ千円程度のマグカップの場合は対象外となります。

楽しい宴会

しかしもし30万円程の高級腕時計が景品だったとしたら…それは課税対象となる場合が考えられるのです。
もちろんいくら忘年会の余興でもらえたとしても、現金の場合は金額に関係なく課税対象になると考えましょう。

また商品券や旅行券、クオカードや図書券といった換金性の高いもの、
現金に準ずるものも課税対象となる可能性がぐっと高まります。

こういったことを考えて、豪華なものを忘年会に出す場合は、準備する側も
それを意識しておいたほうがいいでしょう。


せっかくのうれしい景品が課税対象だった…なんてことがあとでわかると、げんなりしてししまいます。
なかなか気づけない部分であると思いますが、覚えておきたいものです。
知らないうちに、限度額を超えていて…調べられて…なんていうことになっては困ります。

豪華な旅行

特に二次会まで行われることが決まっている場合、盛り上げるためにビンゴゲームや
景品の準備が欠かせなくなることも考えられます。

予算が許す限り、豪華な景品を揃えて参加者を喜ばせたいと考えるものですが、
その際にこういった所得税などのことも考慮して景品を考えておかないと、あとから面倒なことになり
折角楽しかった二次会が、反対に嫌な想いをお互いにする、といったことにもなりかねませんので
注意しておきましょう。

Copyright© keihin All Rights Reserved.